スムーズに行うコツは?雑学として知っておきたい香典返しの情報を詳しく紹介

当サイトはスムーズに行うコツはどういうところにあるのか、雑学として知って起きたい香典返しの情報を詳しく紹介しています。
また香典のお返しが不要と言われた場合の対応迷うケースも多いですが、そのような場合についても解説しているサイトです。
組織や団体に香典のお返しを贈る際の注意点も紹介しています。
よく分からないことも多い仏事のマナーは知っておくと損はありません。
いざというときのためにもぜひ知っておきましょう。

スムーズに行うコツは?雑学として知っておきたい香典返しの情報を詳しく紹介

香典返しをする際にはどうすればスムーズに出来るかという悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。
そのような場合に知っておきたいこととして、香典返しの相場やタイミングはそれぞれの地方によって異なる場合があるということが挙げられます。
トラブルなくお返しをするコツとしては、地域の風習を押さえて行うということが欠かせません。
また、香典返しが不要なケースを知っておくことも大切です。

香典返しで喜んでもらえる品物の選び方

心を込めて香典返しを選びたいと考えている人はたくさんいます。
せっかく参列してくれた人たちに対して、感謝の気持ちを込めて香典返しを贈ることは大切です。
しかし実際には葬儀や法要といった様々な手続きに追われて、ゆっくり選ぶ時間を捻出することができないケースも多いでしょう。
喜んでもらえる品物の選び方として、受け取った相手のことを想像することが大切です。
一人暮らしの人に大量のお菓子を渡しても食べきれないかもしれませんし、すでに持っているものやこだわりの強い品物を選んでも上手く活用してもらえないかもしれません。
そこでおすすめなのが、カタログギフトを活用して参列者自身に好きな商品を選んでもらうという方法です。
個人の趣味や嗜好は人それぞれなので、すべての人に満足してもらう商品を選ぶことはほぼ不可能だといえるかもしれません。
カタログギフトであればお菓子や飲み物のような食料品から、洗剤やタオルのような日常で使える消耗品まで幅広く取り扱っています。

宗教や宗派によって異なる香典返しのタイミング

香典返しは香典を渡してくれた参列者に対して、無事に弔事が完了したことを伝える大切な役割を持っています。
忙しい中でも葬儀に参加して故人を偲んでくれた大事に人々たちに、感謝の気持ちを込めて心を込めて品物を選びだいと考えている人がほとんどです。
香典返しを渡すタイミングは宗教や宗派によって異なるので、渡す前にはきちんと確認する必要があるでしょう。
忌明けの法要後1ヶ月以内に行うのが一般的とされていますが、宗教や宗派ごとにそのタイミングが異なります。
仏式では49日目の忌明け法要から1ヶ月以内、神式は50日目の五十日祭から1ヶ月以内といったように色々と違いがあるので確認しておくのがおすすめです。
また地域によって当日返しが一般的な場合と後日返しが一般的な場合があるので、迷った場合は周りの人に聞いて相談してみるのが良いかもしれません。
自分一人で頑張りすぎず、周りと協力しながら香典返しの準備を進めていくのが賢い方法です。

香典返しの一般的な金額はどれくらい?

香典返しは葬儀に参列して香典を渡してくれた人に対して心を込めて渡すお返しであり、相手に感謝の気持ちが伝わるようにしたいと多くの人が考えています。
その結果、どのようなものを選べば良いか分からず頭を悩ませているという人も少なくないでしょう。
また商品の種類だけでなく、どのくらいの金額を返せば良いのか分からないという悩みもあるかもしれません。
一般的に香典返しは半返しと言われており、いただいた香典の3分の1から2分の1程度の金額をお返しするのが良いとされています。
相手に気を遣わせないけれども感謝の気持ちをしっかりと伝えるという点で、このくらいがベストなのです。
香典返しには様々な商品が使われていますが、不幸なことや悲しいことを繰り返さないようにという願いを込めて消えものを選ぶのが一般的です。
お菓子などの食品や、タオル・洗剤といった消耗品などを選ぶ人も多いです。
カタログギフトも人気があり、予算に応じて選びやすいという魅力があります。

香典返しは掛け紙のデザインも重要なポイント

香典返しは香典を用意して葬儀に参列してくれた人たちに渡すお返しです。
いただいた香典の金額に応じて、その3分の1から2分の1程度の金額の品物を用意する半返しが一般的だと言われてます。
相手の趣味や嗜好に合わせて喜んでもらえそうな品物を選ぶので、何を渡せば良いかしっかりと検討することが大切です。
香典返しを準備する上では、品物の内容だけでなく掛け紙にも気を配る必要があります。
押さえておくべきマナーがいくつかあるので、分からない場合は事前に調べてから用意したり百貨店のような信頼できる場所で相談するのがおすすめです。
デザインも地域や宗教によって異なるため、事前に周囲の人にきちんと確認しておくと良いでしょう。
弔事の場合は品物の上に直接掛け紙を掛け、上から包装紙で包む内掛けが控えめで良いとされています。
また弔事なのでお祝いごとに使われる熨斗は付けないように注意しましょう。
水引は同じことを繰り返さないようにという願いを込めて、結び切りのデザインを選ぶのが一般的です。

香典返しに関する情報サイト
香典返しの情報

当サイトはスムーズに行うコツはどういうところにあるのか、雑学として知って起きたい香典返しの情報を詳しく紹介しています。また香典のお返しが不要と言われた場合の対応迷うケースも多いですが、そのような場合についても解説しているサイトです。組織や団体に香典のお返しを贈る際の注意点も紹介しています。よく分からないことも多い仏事のマナーは知っておくと損はありません。いざというときのためにもぜひ知っておきましょう。

Search